MENU
(PR)独自ドメインなら「お名前.com」もおすすめ今すぐチェック!

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】ベンゼンくん

ブログの記事ってどうやって書いたらいいんだろう…

今回はこのような方向けに「ブログの記事の書き方」についてまとめました!

補足

こちらの記事は以前Twitterで公開したこちらのまとめノートを記事化しました。

ブログの開設方法についてはこちらの記事も参考にしてください!

それでは本題に入りましょうか。

プロフィール
【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】
ランタンタン(@rantantanwp)
  • 現役大学生ブロガー
  • 四桁PV・収益達成
  • ブログ三か月目で初収益
目次

記事を完成させるまでの流れ

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】

ではまず最初に筆者がおすすめする「記事が完成させるまでの流れ」について説明していきます。

今から説明するのは「雑記ブログ」の場合です。特化ブログの場合はさらに手順があります。

おおまかに説明すると

リサーチをする

記事構成を見出しから考える

本文を書く

装飾

アイキャッチ画像など

といった手順を踏むのがおすすめです!

では手順ごとにやり方を説明していきます。

リサーチをしよう

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】

まずは記事を書く前に、記事の内容についてリサーチをしましょう。

「え?いきなり書かないの?」と思う方もいるかもしれませんが、いい記事を書くためには事前のリサーチが必要です。

具体的には

・キーワードをGoogle検索にかけてみる
・キーワードプランナーで需要を確認
・ラッコキーワードで共起語を調べる

ということをするべきです!

では一つずつ説明していきます。

キーワードをGoogle検索にかけてみる

まずはキーワードをGoogle検索にかけてみましょう。

単純なリサーチ方法に感じる方もいるかもしれませんが、これをすることで

・そのキーワードで上位をとりやすいかどうかがわかる
・上位の個人ブログがどのようなことを書いているかがわかる

といったいいことがあります!

それでは詳しく説明していきます。

そのキーワードで上位をとりやすいかどうかがわかる

「え?キーワードによって上位のとりやすさが変わるの?」と思った方もいるでしょう。

では試しに「ブログ 始め方」と「初心者 ブログ つまずく」というキーワードのGoogle検索結果を見てみましょうか。
(2022.11.9時点での検索結果です)

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】
【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】

左の「ブログ 始め方」の検索結果では上の方に広告(リスティング広告)が出ているため、仮にこのキーワードで検索上位をとれたとしてもあまりクリックされなさそうですよね。

また、下にスクロールしてみてもほとんどが企業のサイトで、とても個人ブログが検索上位に割り込めそうにはありません。

ちなみに検索順位は「記事の質」「ドメインパワー」「サイト全体の質」などの要素によって決められると考えられていますが、企業サイトは「ドメインパワー」が強いこと、信頼性が高いことなどから検索上位に表示されやすいです。

一方右の「初心者 ブログ つまずく」の検索結果を見てみると、

・広告がない
・上位サイトが個人ブログばかり

ですよね。

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】ランたろう

このようなキーワードのことを「ロングテールキーワード」ということもあります

このようなキーワードは初心者でも検索上位をとりやすいため、狙い目ですよ!

上位の個人ブログがどのようなことを書いているかがわかる

また、Google検索をすることで「上位の個人ブログがどのようなことを書いているかがわかる」といったメリットもあります。

みなさん、入試の時は過去問を解きますよね。
上位の記事は「もう既に検索上位にあがっている記事」、つまり「記事の過去問」なわけです。

もちろん丸パクリはよくないですが、記事を書く際はぜひ参考にしていきましょう!

キーワードプランナーで需要を確認

また、せっかく検索上位をとれたとしてもそのキーワードを検索してもらえなかったら悲しいですよね?

このような悲劇を防ぐためには「検索ボリューム」を調べることが必要ですね。

詳しくはこちらの記事で説明しています!

ラッコキーワードで共起語を調べる

また先ほど少し説明した「ロングテールキーワード」を探す際に役立つのが「ラッコキーワード」というツールです。

詳しくはこちらの記事で解説しています!

記事構成を考えよう

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】

リサーチが終わったら、次に記事の構成を考えましょう。

この段階で気をつけることは

・タイトルにはキーワードを入れる
・見出しから作る
・見出し構成がうまくいかないならキーワードを変更する

ということです。

では詳しく説明していきます。

見出しから作る

記事を書く際は「必ず」見出しから作るクセをつけましょう。

みなさん、小学校の夏休みの宿題で読書感想文を書いた経験はありますか?
あれって、なかなか筆が進まないですよね。なぜだと思いますか?
それはズバリ、「書かないといけない文字数が多い」からです。

ブログの記事も最初から本文を書こうとすると、同じようなことになります。

そこで「見出し」という区切りを作ると「今日はここの見出しからここまでを完成させよう」といったような目標が立てやすくなり、筆が進みます!

また他にも

・記事の方向性がブレなくなる
・本文を書く前に本当にこのキーワードでいいのかを判断できる

といったいいこともありますよ!

見出し構成がうまくいかないならキーワードを変更しよう

また記事を見出しから書くことで「え?このキーワードで記事書きにくいな…」という違和感にも気づくことができます。

もしあなたが記事の見出しを考えていて

・なんか見出しがしっくりこない
・いい構成が思いつかない…

と感じたのであれば、キーワードを変えることをおすすめします。

本文も書いていこう

見出しの構成が完成したら、いよいよ記事本文の執筆に取り掛かりましょう!

記事本文の構成としては「PREP法」を守るようにしましょう!(結論→理由→例→結論)

PREP法は文書やプレゼンテーション等における文章構成方法の一つである。主にビジネスシーンで用いられる文章構成方法であり、簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に用いられる。(Wikipediaより)

読者は記事本文を全部読んでくれるわけではないため、結論を最後に書いてしまうと「この記事には答えがない。別の記事見よう」と離脱されてしまいます。

装飾など

おおかた記事の本文ができたのであれば、次にWordPressのエディターで「記事の装飾」をしましょう。

装飾をする際は

・視差効果を意識
・ボックスは積極的に使う
・文字の装飾はパターンを決める
・図解を入れる

ということに気をつけるといいですよ!

では詳しく説明していきます。

メリハリをつけることを意識

ブログ記事の装飾をする際は「メリハリをつけること」を意識しましょう。

例えば、左と右の文章ならどっちの方が読む気が起きますか?

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】
【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】

おそらく多くの人が「右」と答えると思います。

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】ランたろう

図がいっぱいあってわかりやすい!

このような分かりやすい記事を作るためには

・2~3行ごとにボックスや見出しを入れる
・見出しの下(h2)に図解を入れる

といったことをするといいですよ!

ボックスは積極的に使おう

メリハリをつけるために便利なのがボックスです。

例えば、

など。

ぜひ、積極的に使っていきましょう。

ただ、使い方にはルールを決めておかないと統一感がない記事になってしまいます。

文字の装飾はパターンを決めよう

先ほども言いましたが、装飾にはパターンを決めてやるべきです。

それは文字の装飾も同じ話。

例えば、この二種類の文ならどちらが読みやすいと感じますか?

フリー画像より図解いいですよ!
フリー画像より図解がいいですよ!

多くの方は下の文がいいと思っていることでしょう。

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】ベンゼンくん

太字とマーカー二種類ほどがいいっすよ

図解を入れよう

これも視差効果を狙ってのことですが、見出しの下には「オリジナルの」図解を入れるようにしましょう。

よく「画像はフリー画像でもOK」と主張されている方もいますが、

・イメージに合ったフリー画像を探すのは大変
・フリー画像は他のブロガーも入れている
・図解は独自性が出しやすい

といった理由から筆者は「どうせメリハリを出すなら図解のほうがいい」と考えています。

Canvaを使えば図解は簡単に作れますし、テンプレートを作っておけば作る時間もかかりませんよ!

記事ができたら

装飾が終わったのならば、記事作成は80%ほど完了しています!

しかし、まだやるべきことはあり

・アイキャッチ画像の作成
・メタディスクリプションの執筆

という作業をする必要があります!

では詳しく説明していきます。

アイキャッチ画像を作ろう

アイキャッチ画像とは、youtubeでいう「サムネイル」ですね。

TwitterなどのSNSでも記事のタイトルと共に表示されます。(下の関連記事にもアイキャッチ画像が表示されていますね)

いくら記事の内容が良かったとしてもアイキャッチ画像がないと、Twitterを見た人は

・この記事ってどんな記事?画像がないし分かりにくい
・アイキャッチ画像がなくてもったいないな

と思い、リンクをクリックしてくれませんよ。

アイキャッチ画像の作成も図解の作成と同じように「Canva」を使うのがおすすめですよ!

メタディスクリプションを書こう

アイキャッチ画像が完成したなら、最後にメタディスクリプションを書きましょう。

メタディスクリプションは

・検索結果
・TwitterなどのSNS
・関連記事のリンク

にも表示される文章です。(SEOにも大きな影響を与えます

では何を書くのかというと、筆者は記事内容の簡単な要約を書くべきだと思っています!

【初心者必見】ブログ記事の書き方マニュアル!【保存版】ランたろう

多くの人の目に入ることを意識して書きましょう!

ちなみにその下あたりにある「メタキーワード」は無理して書く必要はありません!

まとめ

★記事を書く際は事前のリサーチをしっかり!
★見出しから構成を考えよう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次